Martin Luther King Day - A Burning House

Happy MLK Day! I know it's his birthday (not the holiday - which is two days later!)

I found an article that shows King's thoughts before he was assassinated.

NY Amsterdam News


This is the translation:

国が今週の月曜日にマーティンルーサーキングジュニア博士の遺産を観察する準備をしているとき、彼の恐れを知らない自由の闘いを詳しく見ていきます。


1929年1月15日、アトランタで生まれた彼は、父親の足跡をたどり、コミュニティで敬虔な教会に通うリーダーとして活躍しました。


1955/56年にモンゴメリーバスボイコットで脚光を浴びた後、若いバプテスト大臣は、発足以来この国で非常に蔓延している明白な人種差別に平和的に抗議するために、全国で数十万人を動機付けました。


彼は1963年8月28日にワシントン大行進を主導したとき、手段として非暴力を利用し続け、1968年4月4日にテネシー州メンフィスで暗殺されるまで非暴力の擁護者であり続けました。


しかし、彼の人生の後の段階で、平和な説教者は同じ措置を達成するために他の戦略を取り入れ始めました。


キングは、1967年9月1日にワシントンDCで開催されたアメリカ心理学会の年次大会での「市民権運動における行動科学者の役割」の論文で、「都市部の暴動は今や私たちから切り離せない社会現象として認識されなければならない」と示唆した。 「嘆かわしく感じるかもしれないが、暴動を理解する必要がある。結局、暴動は起こるのだから。都市部の暴動は特別な形の暴力だ。反乱ではない。暴徒は領土を占領したり、国を支配したりしようとはしていない。暴動の目的は[白人の]コミュニティに衝撃を与えることだ。それらは歪んだ形で発生した社会に対する抗議だ。暴動の主な特徴である略奪は、多くの役割を果たすのである」


彼はさらに次のように付け加えました。「スラム街での[白人]男性による長年にわたる違法行為を集約し、数日間の暴徒の違法行為と比較した場合、より凶悪な犯罪者は[白人] ]男性であろう。世の中には言いにくいことがたくさんあるが、私たちの社会が直面している大きな問題に対処するためには、真実を語る必要があることとますます感じる。」


俳優/活動家のハリーベラフォンテは、彼の友人について同様の瞬間を共有しました。 「公民権運動の途中で、マーティンルーサーキングジュニア博士は、統合のための闘争が最終的には経済的権利のための闘争になることに気づきました」とベラフォンテは振り返りました。 「彼が殺害される直前に、私たちが最後に一緒に家にいたときのことを覚えています。彼はかなり動揺し、夢中になっているようでした。私は彼に何が問題なのか尋ねました。」


ベラフォンテによると、キングはこう答えました。「私は自分を深く悩ませていることが何であるのかが分かった。私たちは様々な人種を一つにまとめようと長い間、懸命に戦ってきた。戦うことに対して疑念はなく、私は自分たちの勝利を疑っていない。だが私は、自分たちが燃え盛る家に統合していっていると信じるようになった。私は、アメリカが道徳的なビジョンを失ったのではないかと心配している。私たちが現存のシステムに統合したとしても、この国がその窮状に深く関わっている必要があることを理解していない場所に歩いているのではないかと思います。貧しく、権利を剥奪された。下層階級の社会に正義とチャンスが与えられると保証されるまでは、私たちはこの国の魂を引き裂くばかりの怒りと暴力を続けるだろう。私は、私の人々を燃え盛る家に統合していっているのではないかと恐れている。」


ベラフォンテは、次のように付け加えました。私たちの闘争の性質を考えると、それは私が聞くことを期待した最後のことでした。」


ベラフォンテはキングに「どうしたらいいの?」と尋ねたと言った。そしてキングは、「消防士になるべき」だと答えました。キングは、「家が燃やされないように、私たちが行動を起こすのです」と言いました。


Let us know your thoughts!

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

REAL TALK ENGLISH

573-0027 大阪府枚方市大垣内町3丁目2-2

  • Black YouTube Icon

©2016 BY REAL TALK ENGLISH